明晴ガーデンコートを知る

HOME > 明晴ガーデンコートを知る

明晴ガーデンコートを知る

都市

自然が調和する共生の町

自然と町が共生する亀岡市、千代川エリアは生活に欠かせない鉄道や高速道路などの交通、社会福祉、教育、医療をはじめとする都市インフラ整備がされていきます。都市インフラふだけではなく、安定した持続可能な社会づくりや環境への配慮、災害への対応を市民、市民活動団体、民間企業、行政が力を合わせ実現しようとしています。

沢山の恵を与えてくれる自然と共生をしながら明るい未来を切り拓いていこうとする中「明晴ガーデンコート」も豊かな未来へ向け息吹き始めます。

自然

自然を守り自然を楽しむ

盆地がもたらす深い霧の雲海や、菜の花畑・コスモスなどの花の名所や亀岡から京都市嵐山まで約16km続く保津渓谷は
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉など、四季折々の表情を見せ、
トロッコ列車の車窓から四季の移ろいを感じ、奇岩や巨岩が数多く点在する、保津川下りで自然の雄大さを体感する。

近年では絶滅危惧種の「アユモドキ保護」が始まり未来に向けた、自然保護も始まっています。豊かな自然環境は澄んだ地下水を生み、人々の元へ届けられる。そんな豊かな自然環境に「明晴ガーデンコート」はあります。

交通

京阪神都市圏へのアクセス拠点

「明晴ガーデンコート」は国道9号線沿いに位置し教育、医療、買い物施設などにアクセスしやすい環境にあります。

また、京都市の西側に位置し、京都市内へはJR山陰本線「千代川駅」「並河駅」を利用し電車で約20分、京都縦貫自動車道「千代川I.C.」「大井I.C.」から車で約20分と都市部へのアクセスにもすぐれています。

大阪府とも隣接しているため、大阪市へは約1時間と
京阪神都市圏へのアクセスにすぐれています。

工芸

技術を育み未来へ伝える

昔ながらの技術を守り伝える工芸の世界。
工芸は、大量生産されすぐに手に入る物とは異なり、
人々の生活に密接し、その中で磨かれ育つ。

鎌、鋤など、農作業の道具を専門に作る野鍛冶や、
刃物の研ぎを仕上げる砥石の採掘から加工までを続ける
砥石業。今では使うことのない、日本刀を作る刀鍛冶。

その技は、人が育て未来へ伝えられます。

未来

スポーツを通じた豊かな未来

亀岡市は京都サンガF.C.とのホームタウン協定を締結し専用スタジアムの建設が決定しました。子どもたちの健全育成を支援し仲間づくりや、問題解決能力向上から、健全な心身を育成する事を目的に掲げています。

「明晴ガーデンコート」近隣には月読橋球技場、さくら体育館、亀岡運動公園、国際広場とレジャー・スポーツ施設が充実。スポーツを通じた子育てをしやすい環境があります。